美容整形Q&A カウンセリング・アフターケアについて

トップページ>美容皮膚科Q&A>カウンセリング・アフターケアについて

各施術についてのよくあるご質問

  • 美容クリニックのカウンセリングって、どんなことするの?

    カウンセリングではこんなことを確認されます

    美容外科のカウンセリングでは、まず問診票の記入から行います。「現在の体調」や「体質」、「美容整形を希望する箇所」、「薬のアレルギーの有無」、「妊娠の有無」などの質問があるので、正確に記入しましょう。医師が問診票を見て、実際に患者と話しをしながら、その人に適した美容整形を提案します。カウンセリング時に医師から、「詳しい美容整形の内容説明」や「料金」、「アフターケア」についての話があります。もし、分からないことや不安なことがあれば、迷わずその場で質問することが望ましいです。

    費用はかかるの?

    ほとんどの美容外科で行われるカウンセリングですが、料金は「無料のところ」と「有料のところ」どちらも存在します。カウンセリングは、1回だけとは限らずに、複数回必要なこともあります。美容外科にもよりますが、「カウンセリングは無料」といっていても、それは初回だけであって、「2回目から有料」というケースもあるため、カウンセリングの予約をする時に、確認しておくことが大切です。有料の場合も、予約時に大体どれぐらいの金額がかかるのかを確認しておきましょう。

  • 手術の後はアフターケアが必要?

    正しく施術されていれば効果が半永久的に持続するものと、一時的な治療の2つに分かれています。
    半永久的に持続するもの

    美容外科のカウンセリングでは、まず問診票の記入から行います。「現在の体調」や「体質」、「美容整形を希望する箇所」、「薬のアレルギーの有無」、「妊娠の有無」などの質問があるので、正確に記入しましょう。医師が問診票を見て、実際に患者と話しをしながら、その人に適した美容整形を提案します。カウンセリング時に医師から、「詳しい美容整形の内容説明」や「料金」、「アフターケア」についての話があります。もし、分からないことや不安なことがあれば、迷わずその場で質問することが望ましいです。

    一時的な治療

    美容外科には、半永久的な効果が期待出来る美容整形だけでなく、一時的な効果のものもあります。主に「プチ整形」と呼ばれる治療は、半永久的に続くものではなく、一時的に変わることが出来る美容整形です。「ヒアルロン酸注入」や「ボトックス注射」などで美容整形をする場合は、効果の持続期間として半年~2年です。術後、手術を受けた跡が多少残りますが、数日経つと自然と消えるため気にすることはありません。手術当日、または翌日からメイクや入浴が可能です。一時的な効果の美容整形は、体にあまり負担をかけることなく治療が受けられるため、手術時間だけでなく、ダウンタイムも短いです。

    体型や加齢による変化で必要な場合も

    治療を行った後に、「体型」や「加齢」の影響によって効果が薄れてしまうこともあります。二重治療を受けた後、加齢でまぶたがたるんでしまい目が小さくなったり、脂肪吸引をしたけど、過食でリバウンドしてしまったりと、美容整形を受けたからといって、必ずしも良い状態を保てるわけではありません。ですので、効果が薄れたと感じたら、美容外科で再び治療を受けることが望ましいです。そうすることで、美しさを維持していくことが出来ます。

美容整形あるある 最終回

美容整形を受けると、ダウンタイムがあるのですが、『期間はどれぐらいなのか?』と気になる人は多いのではないでしょうか。ダウンタイムとは、手術を受けた後に出る「腫れ」や「内出血」などの症状が治り、普段通りの生活を送れるまでの期間のことをいいます。切開手術を行う場合、ダウンタイムは数週間、あるいは1ヶ月かかることもあります。
一方、「ヒアルロン酸注入」や「ボトックス注射」など、手軽に出来る美容整形であれば、ダウンタイムは数日といわれています。どういった治療を受けるかによってダウンタイムは異なるため、特に長期で休みを取れない人は、美容外科で治療を受ける時、医師にしっかりと確認しておきましょう。