婦人科形成

トップページ>気になる・お悩みから探す>婦人科形成

様々なコンプレックスに。

女性は、膣内が広がったり、性器が痛かったりとデリケートな問題を抱えていることが多いです。こういう場合、症状を改善しないとどんどん悪化していってしまうのですが、『どの病院に行けばいいのか分からない』と悩んでしまい、病院に行かない人も多いでしょう。しかし、女性のデリケートな悩みを解決してくれる医院があります。それはどこかというと、美容外科と併設していることが多い婦人科形成です。婦人科形成とは、女性ならではの悩みを解決するための医院です。そのため、デリケートな悩みが起きてしまった時は、婦人科形成を利用するのが適切です。婦人科形成で行われる治療は、小陰唇を小さくするための「小陰唇縮小」という美容整形や、出産を機に緩んでしまっていた膜を以前のように戻す「膣縮小」という美容整形に、陰核部分に被ってしまった皮を取り除く「陰核包茎術」という美容整形などがあります。

  • 小陰唇縮小(しょういんしんしゅくしょう)

    小陰唇が普通よりも大きい状態だと、下着の布で小陰唇を痛めてしまったり、垢がたまってしまい汚れやすくなったりしてしまう原因になります。そのため、受けておきたいのが小陰唇縮小という美容整形です。メスを使って余分にはみ出ている脂肪を切り、縫い付けることで小陰唇を小さくする方法です。美容外科によって症例写真を見せてくれる場合があるので、『どのような仕上がりになるか不安』という女性も安心出来ます。

  • 陰核包茎(いんかくほうけい)

    陰核部分に皮が被ってしまったことで起きる、陰核の包茎。そのことで悩んでいる人に行ってほしい美容整形が、陰核包茎術です。その施術内容はというと、専用の機器を使い陰核部分に被ってしまった皮をなくすだけと、とても簡単な方法です。しかし、中には『施術を受けるのが怖い…』と恐怖心を抱いてしまう人もいるでしょう。しかし、美容外科では陰核部分に麻酔をしてから施術をします。痛みを感じることもないので安心して施術を受けましょう。

  • 膣縮小(ちつしゅくしょう)

    出産をした後や、年齢を重ねることによってどんどん落ちていく、膣の筋肉。筋肉が衰えると、お風呂に入った時に水が膣の中に入ってしまうなど、不便なことしか起きません。そこで行っておきたいのが、膣縮小です。広がってしまった膜を縫い付けることによって、膣を小さくすることが出来ます。美容外科によって、様々な施術方法が準備されているので、医師としっかり話をして自分に合った施術を受けるようにしましょう。

  • 処女膜再生(しょじょまくさいせい)

    女性の腔内の中には、処女膜があります。しかし、この膜はとても繊細なもので、体を動かす激しいスポーツをするだけで破れてしまうことがあります。しかし、破れてしまってもまた以前のように戻すことが出来る方法があります。それは、処女膜再生を受けることです。施術内容は、専用の糸で破れてしまった膜を縫い付けるだけ、と簡単な方法です。そのため、施術にかかる時間も約15分と短い時間で済むだけではなく、入院もする必要がありません。

東京でオススメの美容外科、美容整形外科はコチラ

美容まめ知識

美容整形だけではなく、女性のデリケートな部分まで施術してくれる婦人科形成も準備している美容外科。まさに、美容外科は女性のための医院ですが、婦人科形成と聞くと『膜や陰核部分などの内部しか、施術してくれないだろう』とイメージする人がいます。確かに、内部の施術が多いですが、性行為をした時に感度を上げるための美容整形や、恥骨部のふくらみをなくす美容整形など、デリケートな部分全般を施術してくれます。