鼻・フェイスライン

トップページ>気になる・お悩みから探す>鼻・フェイスライン

「鼻を高くしたい」「フェイスラインを整えたい」そんな方!

高い鼻やシャープなフェイスラインは、誰もが憧れるもの。そのため、鼻や顔のラインで悩んでいる人は、美容外科に行って悩みを解決したいと考えているでしょう。しかし、『どのような施術があるんだろう』と疑問に思い、美容外科に踏み込めないという人もいるでしょう。そこで、施術について説明していきます。鼻の施術として一般的なのは、鼻の中にプロテーゼを入れて鼻を高くする「隆鼻術」という施術や、鼻の横鼻部分を小さくする「鼻翼縮小」という施術です。フェイスラインの施術として一般的なのは、出っ張ってしまった口の骨部分を削ったりカットしたりする「上下顎前突治療」という施術や、出てしまった下顎の骨を削って元の状態にする「顎骨削り」という施術があります。自分に適した施術を受けて、理想とする鼻やフェイスラインを手に入れましょう。

  • 隆鼻術(りゅうびじゅつ)〜プロテーゼ挿入〜

    『外国人のような高い鼻を手に入れたい』『低い鼻を何とかしたい!』という人にオススメなのが、プロテーゼを鼻に入れるタイプの「隆鼻術」という美容整形です。シリコンで作られた人口の骨を鼻に入れて高くする方法なので、長い期間、高い鼻を維持することが出来ます。ちなみに、施術で使われる人口の骨ですが、一度鼻の型を取ってから作られます。そのため、自分に合った骨が鼻の中に入るので、綺麗で高い鼻に仕上がります。

  • 隆鼻術(りゅうびじゅつ)〜ヒアルロン酸注入〜

    先程の隆鼻術は鼻に人口の骨を入れるのですが、この隆鼻術はヒアルロン酸を注入するタイプです。この方法は、注射を鼻に刺すだけなので施術時間が長くて10分ほどと短いだけではなく、痛みもチクッとするだけなので、患者にかかる負担も少ないです。また、腫れや赤みなどの症状も滅多に出ないため、施術を受けた後でも、そのまま出かけることも可能です。そのため、『早く鼻を高くしたい!』という人に最適な方法です。

  • 鼻翼縮小(びよくしゅくしょう)

    横鼻部分が大きくて、『鼻が大きく見られてしまう』という人がいるでしょう。そういう人にオススメしたいのが、「鼻翼縮小」という方法です。広がっていた横鼻部分を切除することで、鼻を小さくすることが出来ます。そのため、鼻が大きいと悩んでいた人でも鼻を小さくすることが出来ます。また、鼻の穴も小さくすることが可能となっているので、『鼻の穴が大きくて悩んでいる』という人も、この美容整形をすると良いでしょう。

  • 鼻尖修正(びせんしゅうせい)

    鼻の先の方が丸くなってしまい、まるで団子のような形の人がいます。そういう人にオススメしたい美容整形が、「鼻尖修正」です。鼻にある軟骨部分を切って糸で縫い付けることで、広がっていた鼻をシャープにすることが出来ます。ちなみに、縫い付ける時に使う糸ですが、美容外科によって体内に溶けるタイプ・残ったままのタイプと違ってきます。どのようなタイプを使っているのか気になる場合は、美容外科の医師に話を聞くようにしましょう。

  • ワシ鼻修正(わしばなしゅうせい)

    魔女のように、鼻の真ん中部分が盛り上がっていたり、鼻が大きく見えてしまったりするワシ鼻。それを治すことが出来るのが、「ワシ鼻修正」です。鼻の穴から盛り上がってしまっている骨の部分を削って、本来の鼻の形に戻す方法なのですが、削るだけではなく、綺麗な鼻のラインになるように整えてくれます。施術の後は内出血が出てしてしまう可能性が高いので、大事な用が近々あるという場合は、受けることを控えるようにしてください。

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)治療

    口上の部分の骨が出ており、横から見てみるとまるで出っ歯のようなっている、と悩む人もいるでしょう。そのような人にオススメしたいのが、「上顎前突治療」です。骨が出ている部分を切ることで、出っ張りをなくすことが出来るのですが、その際鼻の下の骨を切るだけではなく、歯も抜く必要があります。そのため、大きな施術となるので約3日間、入院をしなくてはなりません。施術を受ける場合は、時間に余裕がある時にしましょう。

  • 下顎前突(かがくぜんとつ)治療

    口下の部分の骨が前に出ており、『上の歯と噛み合わせが悪い』と悩んでいる人がいます。その悩みを解決してくれる美容整形が、「下顎前突治療」です。施術内容は、上顎前突治療と同じようにに出ている部分の歯を切って、出っ張りをなくす方法です。ちなみに、人によって『これぐらいの顎にしてほしい』という希望があると思いますが、その人に合った顎の形というものがあります。そのため、美容外科の医師の話をちゃんと聞くようにしましょう。

  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)治療

    口の上と下の部分の骨が、通常よりも前に出ている人がいます。そういう人にオススメしたいのが、「上下顎前突治療」という美容整形です。この場合、顎の上下をともに削る、つまり奥歯を1本ずつ切除する必要があるため、上記2つより大規模な施術になります。また、症状の程度によって切除する規模は変わり、腫れなどの症状も人によりレベルが変わります。ただ、かなり大きな施術のわりには、入院期間は上記2つと変わらず3日程度です。

  • 顎骨削り(あごほねけずり)

    下顎の骨が前に出ており、しゃくれている人でも悩みを解決することが出来るのが、「顎骨削り」という美容整形です。出っ張っている部分の骨を専用の道具を使用し、小さくしていきます。そうすることで出っ張りがなくなっていくので、しゃくれていた顎も改善することが出来るのですが、『大掛かりな施術だから、傷跡が目立ちそう…』と不安を感じてしまう人もいるでしょう。しかし、口の内側から施術を行っていくので、傷跡が見えることがありません。

  • 頬の骨削り(ほほのほねけずり)

    頬の骨が前に出ており、『顔が大きく見られるから悩んでいる』という人がいます。そういう人にオススメなのが、「頬の骨削り」という美容整形です。施術をする際、違和感のないように骨を削っていくので、施術をしたと思わせることなく美しい顔になることが出来ます。ちなみに、メスを入れる部分は美容外科や骨の出具合によりますが、口の中からや耳の部分と傷跡が目立ちにくい部分から入れるので、傷跡の心配をする必要はありません。

東京でオススメの美容外科、美容整形外科はコチラ