二重まぶた・目元

トップページ>気になる・お悩みから探す>二重まぶた・目元

「二重まぶたにしたい!」「目元のシワをなんとか…」こんなお悩みの方必見!

『二重まぶたになりたい』『目元のシワを取りたい』など、今の自分の目元に満足していない人はいませんか?そんな人は、美容外科で美容整形を受けることによって、コンプレックスを解消し、憧れの目元へと近付けます。目元治療には様々な方法があり、自分の悩みを解決するために適している治療法を選択出来ます。「二重まぶた」を希望し、美容整形を考えている人には、「埋没法」や「切開法」で理想通りの目元が実現します。両目がが離れている人は「目頭切開法」、つり目を改善したい人は「目尻切開法」がオススメです。目元のシワが気になる人には、「リフト法」や「眼瞼下垂」、「下瞼脱脂術」などの治療法を選ぶことで、悩みを解決することが出来ます。目元は顔の印象を大きく左右する大事な部分なので、こだわる人も多いと考えられます。美容整形が身近になった今、切開治療だけでなく、切開せずに理想の目元へと近付けることが可能です。切開が怖く、美容整形に手を出すことを躊躇している人でも、美容整形の治療メニューが増えたことで、利用しやすくなったのではないでしょうか。目元治療は、美容外科の中でも人気ですが、詳しく分からない人もいることが考えられるため、詳しい治療内容について説明していきます。

  • 埋没法(まいぼつほう)

    『切らずに二重まぶたにしたい』という人は、案外多いのではないでしょうか。その希望を叶えてくれるのが、美容外科で受けられる「埋没法」という治療です。これは、医療用の細い糸をまぶたに固定し、理想の二重ラインを作るという方法です。約10分と短い時間で出来る手術で、術後の「腫れ」や「痛み」がそれほど続かないのは埋没法ならではの魅力です。また、埋没法で治療を受ける場合は、術後に二重ラインが気に入らなくても修正出来るという特徴があります。手頃な価格で持続性もあるため、二重まぶたを希望する患者からの支持が高いです。手術前にはシュミレーションを行い、どのような二重になるかを確認することが出来るのも魅力のひとつです。

  • 切開法(せっかいほう)

    「腫れぼったい目」や「厚みのあるまぶた」だと、埋没法で二重まぶたを作ることが難しいといわれています。そのため、『埋没法で治療を受けたけど、元のまぶたに戻ってしまった』という事例が多いです。確実に二重ラインを定着させたい人は、美容外科で「切開法」という治療を受けることがオススメです。切開法は、まぶたの余分な脂肪を取り除き、縫い合わせて二重ラインを作るという方法です。切開法には、「部分切開」と「全切開」があり、元のまぶたの状況を確認し、医師と相談して決めます。切開法は、埋没法に比べ持続性が高いですが、術後のダウンタイムが長いため、まとまった休みが取れる時に美容整形を受けることが望ましいです。

  • 目頭切開法(めがしらせっかいほう)

    離れ目を改善するのに効果的なのは、「目頭切開法」という美容整形を受けることです。この方法は、メスを使って目頭部分を切開し、目の距離を近付けるというものです。離れ目だとキツい印象に見られがちですが、目頭切開をすることによって、切れ長で目力のあるカッコイイ顔へと生まれ変わることが出来ます。手術後1週間は目が腫れる可能性がありますが、徐々に引いていき、自然な切れ長の目元へと変化していきます。目頭切開法は、メスを使って目元の美容整形を行うため、半永久的な効果を期待出来ます。

  • 目尻切開法(めじりせっかいほう)

    『つり目で怖い印象に見える』という人は、美容外科で「目尻切開法」という美容整形を受けることをオススメします。この方法は、メスを使って目尻部分を切開し、「タレ目」や「切れ長目」など、目頭を自由自在に変えることが出来る治療です。目尻を少し切開するだけで、顔の印象がガラッと変わるため、キツい目もすぐに柔らかい目元へと変化します。手術は約15分と短時間で出来ますが、術後のダウンタイムが長いこともあり、美容外科で治療を受けるときは長期休暇を利用すると良いでしょう。

  • 目の上のたるみ取り

    年齢が上がるに連れ、『若い頃よりも目が小さくなった気がする』と悩む人が増えます。目の上がたるむことにより、本来の目の大きさよりも小さく見えてしまいます。その悩みを改善するには、美容外科で「眼瞼下垂」や「上眼瞼切開」、「上眼瞼リフト」といった治療を受けることが効果的です。眼瞼下垂は、上まぶたを縫い縮め、まぶたのたるみを解消するものです。上眼瞼切開は、まぶたの余分な部分を切開し、たるみを除去する方法です。上眼瞼リフトは、眉毛の下を切開し、引き上げて目元のたるみを改善します。目の上のたるみを除去することで、老けて見られていた人でも、若々しい印象へと生まれ変われます。

  • 目の下のたるみ取り

    目の下の「クマ」や「たるみ」を改善したい人は、美容外科で美容整形を受けることをオススメします。中でも、切らないで「クマ」や「たるみ」を改善出来る「裏ハムラ」や「経結膜脱脂術」などの「脱脂術治療」は、人気の治療方法です。この脱脂術は、目の下にほんの少し穴をあけ、余分な脂肪を除去するというそれほど難しくない治療方法です。「ヒアルロン酸注入」や「レーザー治療」で、下まぶたの悩みを解決することも出来ます。切らない治療でも十分に効果を期待出来ますが、「高い持続性」や「確実さ」を求める人は、切開手術の「下眼瞼切開」や「ハムラ法」を選ぶことをオススメします。

東京でオススメの美容外科、美容整形外科はコチラ