豊胸・バストアップ

トップページ>気になる・お悩みから探す>豊胸・バストアップ

美しいバストを手に入れたい方必見!

大き過ぎず、小さ過ぎない、ハリを持つ形の綺麗なバストに憧れる女性は多くいます。しかし、この憧れを実現させることは、元々の胸の大きさ関係なく、極めて困難です。多くの女性は”胸がい小さい”、”乳輪が大きい”など、胸に悩みを持っています。また、中には授乳後の”乳頭や乳輪の黒ずみ”や”胸のたるみ”に悩んでいる人もいます。美容外科には、このような胸の悩みを解消することが出来る美容整形があります。最も代表的なのは、「メスを使用し、人口バッグを胸に挿入する」という内容の美容整形です。しかし、これだけでなく、中には”忙しい人”や”メスを使用した治療に抵抗がある人”に最適な美容整形もあります。これには、「ヒアルロン酸注入」や「脂肪注入」などがあり、使用するのは注射器のみであるため、治療を短時間で終えることが出来るのです。このように、美容外科の美容整形では、短期間でバストを美しくさせるための治療を豊富に提供しているのです。

  • 人工乳腺治療

    「人工乳腺治療」は、大胸筋下や乳腺下に豊胸バッグを挿入する美容整形です。シリコンや生理食塩水などの素材を使用しており、感触や仕上がり、その人の体質に合わせてこれらを使い分けることが出来ます。2カップ以上のバストアップ効果を得ることが出来るため、『胸を大きくしたい』という人に適しています。また、切開部分はワキの下部であるため、傷跡が目立つ心配もありません。効果は長期間続くので、理想のバストを長く維持することが出来ます。

  • 脂肪注入法

    脂肪吸引で採取した自分の脂肪を、注射器でバストに注入していきます。定着率が高く、丸みを帯びた柔らかなバストに仕上げることが出来ます。胸に異物があるような違和感もありません。また、切開治療でないため、体に負担をかけることもないのです。治療の際は、局部麻酔を施すため、痛みもなく、治療当日から普段の生活を過ごせます。現在バッグを挿入している人でも、美容外科で取り出した後に脂肪注入することが可能です。

  • プチ豊胸

    長期休暇を取ることなく、バストアップ効果を得られる美容外科の治療法に「ヒアルロン酸注入」があります。注射器を使用し、バストにヒアルロン酸を注入していきます。現在のヒアルロン酸注入は数年間バストアップ効果を維持することが出来るため、非常に有効です。ヒアルロン酸は体内に取り入れてもアレルギー反応を起こすことがありません。また、傷跡を作らず、アフターケアも必要ないため、体に負担がなく安全なのです。

  • 乳房縮小(にゅうぼうしゅくしょう)

    『バストが小さい』と悩んでいる人とは反対に、大きすぎることが原因で生活に支障をきたしている人もいます。中には左右非対称で好きな服も着こなせない人もいます。そんな人も「バストを縮小しながら上に吊り上げ左右対称にする」、「バストのアンダーと乳輪周りを切開し脂肪を取り除き乳頭を吊り上げる」といった内容の美容整形を受けることで、美容外科で理想のバストにすることが出来ます。傷跡が残りにくいのが特徴です。

  • 乳頭(乳首)縮小(ちくびしゅくしょう)

    乳頭の悩みを解消する美容外科の治療は様々あります。そのため、適切な治療を選ぶことが大切です。”乳頭が長い人”は「乳頭の根本から小さいサイズに切除し縫い合わせる」、”乳頭が大きい人”は「乳頭の上部を切除し縫い合わせる」といった内容の美容整形が適しています。これらはいずれも小さくするだけでなく、形を整えることも出来るため、見た目も綺麗な乳頭に仕上げることが出来ます。治療時間は約30分で、2週間程度で抜糸が可能です。

  • 乳輪縮小(にゅうりんしゅくしょう)

    乳輪を小さくする治療は豊富にあります。その中でも一般的なのが「切除治療」です。乳輪の外側を丸く切除した後に皮膚を縫い合わせます。そうすることで乳輪を小さくすることが出来るのです。乳輪が大きくなる原因は「授乳」であることが多く、中には授乳途中に治療を受け、『治療後、授乳に影響があるのでは』と不安に思う人もいます。しかし、治療の際、乳腺を傷つけることはないため、治療後の授乳に影響を及ぼすことはありません。

東京でオススメの美容外科、美容整形外科はコチラ